メシマコブに関する実験・研究@

キノコは全般的に抗がん作用があると言われていますが、しいたけやなめこでも同じ実験をしたところ、抗がん作用の数値がたいへん高かったのがメシマコブでした。

実験方法は、何匹かのマウスにがん細胞を注射してそれぞれキノコを煎じて与え、どのキノコが1番がん細胞を抑えることができるかというものです。

その結果、他のキノコを抜いて1番効果が高かったのがメシマコブでした。

メシマコブに関する実験・研究A

その他に、がん予防に効果があるかどうかを調べる実験も行いました。

がん細胞を注射する前のマウスにメシマコブを与えて、がん細胞が増殖するかどうかを確かめたところ、増殖が見られなかったことから予防にも効果があるという結果が出たのです。


また、がん以外でもアレルギーを抑えるための免疫力を高める効果や、血圧を正常に保ち血糖値を下げるといった働きもあることが分かっています。

このことから、益々日本でもメシマコブの薬に関する研究が進んでいくことでしょう。

関連エントリー

癌(がん)治療にメシマコブが効果がある? TOP >  メシマコブの抗がん作用  >  メシマコブに関する実験・研究

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をMy Yahoo!で購読する
癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をGoogle readerで購読する
癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をlivedoor Readerで購読する
癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo