韓国でのメシマコブの歴史@

メシマコブは長崎県にある島で採取することができるキノコです。

しかし、メシマコブの抗がん作用に注目して、製剤を開発して製品化を実現させたのが韓国でした。


韓国も日本と同じくがんの死亡率が高い国ということで、がんに対する研究が進められてきました。

その韓国がいち早くメシマコブの抗がん作用を引き出したのです。

韓国でのメシマコブの歴史A

韓国では製薬として認可されているのですが、日本ではまだ健康食品扱いということです。

韓国では1992年に、まず初めにメシマコブを人工的に培養するための技術を開発しました。

メシマコブは人工で育てるのはたいへん難しいことなのですが、その開発で大量に生産することが可能になりました。

関連エントリー

癌(がん)治療にメシマコブが効果がある? TOP >  韓国でのメシマコブの歴史  >  韓国でのメシマコブの歴史

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をMy Yahoo!で購読する
癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をGoogle readerで購読する
癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をlivedoor Readerで購読する
癌(がん)治療にメシマコブが効果がある?をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo